ノックオンクラブ

アクセスカウンタ

help RSS 試合写真11/16 (FW編とBK編)

<<   作成日時 : 2008/11/20 18:49   >>

トラックバック 0 / コメント 1

◆写真1「ペナルティーから突進する藤田さん」


画像



(右から藤田、高瀬、仲島、小島、田村克、岩石、加藤)

●感想フォワード編
 前半は様子を見た感じもあり、押し込まれた印象だったフォワード陣ですが、自陣ゴールの前粘り強いディフェンスを繰り返すことで前半中盤以降は火がつき、積極的な攻撃が目立つようになりました。

 そのフォワードの攻撃を引っ張ったのは、写真先頭でボールを持つ藤田さんと、それをフォローをする高瀬さん。
 藤田さんはピック&ゴーで密集サイドの「0チャンネル」をいいタイミングで突いていました。(生津ちゃんみたいな感じ、知らない人すみません)
 高瀬さんは密集の後ろからスピードをつけて「1チャンネル」のスタンドオフ目掛けて突進。攻撃が散らばり、ディフェンスの的が絞りにくい効果をもたらしたように思います。

 今試合のフォワード全員、ディフェンス良かったですね。



◆写真2「バックスライン」


画像



(左から田代、井上、石丸、木村)

●感想バックス編
 ポゼッションは50:50でほぼ互角かな、テリトリーは55:45くらいで我チームにあったような感じ。それも、スタンドオフに入った田村主将の攻撃的なキックによるものと思われます。

 こちらの攻撃時、敵のバックスラインは何次攻撃でもワラビーズ並みにびっちり揃っており、一方のノックオン側バックスラインは常時慢性的なアタッカー不足。
 井上・石丸の両CTBが可哀そうなくらい攻め手がありませんでしたね、今回は敵の防御を褒めましょう(^_^;)
 人数の多寡はありましたが、バックスでポイントを作る意識と、立ってキープする意識(特に若)が明確にわかりました。良いことなので続けましょう。

 防御時、バックスラインの大外展開された場合弱いことが露呈しました。(こういうオープンな場で言うことではないかと思いますが・・・あえて)
 誰がバックスラインに入っても対応できるように、次回試合までに修正していきましょう。


 個人的には、SHとして一番恥ずかしいへなちょこパス連発でした、SOの隆ちゃんすみません、迷惑をかけました。

●皆さんコメント待ってるよ〜

byがん

テーマ

テーマ検索

テーマレーダー

月別リンク

トラックバック用URL help


トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

自分のブログにトラックバック記事作成 (会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
今回の勝利はスクラム劣勢ながらもブレイクダウンで激しくファイトし続けてくれたFWのおかげだと思います。このようなゲームの場合、WTB、FBはほとんど役に立ちません。(できることといえば、大声だして後ろからFWを鼓舞し続けることくらいっすか・・・)
しかし、杉山さんの華麗なランニングは素晴らしかったっす。
見とれてしまいました。

2008/11/24 19:09

コメントする help

ニックネーム
本 文